〔はじめのページに戻る〕   〔注文ホームへ


ほっとブックス新栄の 好評・お勧め

2017年6月2日更新

  日本国憲法はこうして生まれた
 
 施行70年の歴史の原点を検証する


 今日の改憲の企てを許さない! 日本国民や国際世論の動向を含めた視点から日本国憲法の制定経過を検証し、安倍首相と自民党の憲法改悪がどのようなものかを明らかにする。『月刊憲法運動』連載を大幅に加筆・補正された書です。

著者  川村 俊夫  本の泉社     1250円
 
  
八法亭みややっこの
   世界が変わる憲法噺


 アベ君、少しは憲法を学びなさい。見える世界が変わるから。国民の自由な生き方を支える憲法ワールド。暮らしのなかに息づく憲法を縦横無尽に語ります! 『クレスコ』連載をベースに書籍化した書

著者 飯田 美弥子   花伝社    800円
 
  だれのこどももころさせない

「きょうのよる、せんそうにならない?」という子どもの言葉をきっかけに立ち上げた「安保関連法に反対するママの会」のデモコールから生まれた絵本。戦争の不安に怯える子どもを安心させたいという母親の願いを伝える。

著者 西郷 南海子 (文),浜田 桂子 (絵) かもがわ出版       
 1728円
 
    
兵器と大学

 なぜ軍事研究をしてはならないか
(岩波ブックレット)

 2015年度から公募が始まった「安全保障技術研究推進制度」により、大学で軍事研究が公然と開始された。「軍学共同」が大学や研究機関に及ぼす悪影響や、応募をしないことを決めた大学の見解などを紹介する。

著者 池内了 (著),小寺隆幸 (編)  岩波ブックレット  660円
   
名作が踊る『資本論』の世界
   
  シェイクスピア、ダンテ、セルバンテス、シラー、ハイネ…


今宮謙二氏、推薦!!(中央大学名誉教授)
「特別剰余価値」と初恋が同じとは驚きだ。文学の紡ぐ美しい言葉に照らされると、『資本論』の世界がこんなにも豊かになるものなのか。『資本論』第1部刊行から150年、実にユニークな本がでたものだ。一読をおすすめする。 (本書帯より)

著者 川上重人     本の泉社    1700円


2017年1月13日更新

   続・下流老人
ー 一億総疲弊社会の到来



もはや“余生”は消滅したのではないか。これから私たちが迎えるのは、「死ぬまで働き続けなければ生きられない社会」かもしれない。世界一老後が過酷な国で、生きていくための「解決策」を示す。

藤田孝典   朝日新書  760円

 生きたかった
相模原障害者殺傷事件が問いかけるもの

2016年に起きた相模原障害者殺傷事件。事件の本質は何か。自治体の障害者政策の現実的展開は。精神保健・医療の現実と事件とのかかわりは。こうした問題意識をもとに、各分野の専門家と当事者・支援者たちの声を編む

藤井克徳・,池上 洋通・,石川 満・,井上 英夫 (編)

大月書店    1,400円
   考えてみませんか9条改憲

日本国憲法の平和主義について、特に前文や第9条について、理解できるようにわかりやすく解説。世界の紛争についても正確な情報を述べ、さらに日本国憲法の平和主義がこれらの問題を解決できることを明示する

久保田 貢 (著)   新日本出版社  1,800円
   国民春闘白書 2017年

賃金底上げと雇用の安定、地場産業振興で地域の活性化 STOP暴走政治! 守ろういのちと平和、そして憲法

データブック
全国労働組合総連合・,労働運動総合研究所 (編集)

学習の友社   1,000円

   マルクス『資本論』の視点で21世紀世界経済危機の深部を探る

工藤 晃 (著),宮川 彰 (編集責任)
かもがわ出版  2,700円

2016年8月1日更新

   

あたらしい憲法草案のはなし

憲法を変える理由、国民主権の縮小、戦争放棄の放棄、基本的人権の制限など、自由民主党(自民党)の憲法改正草案について、わかりやすく解説する。



自民党の憲法改正草案を爆発的にひろめる有志連合 (著)


太郎次郎社エディタス   741円(本体)

   

日本会議とは何か
  「憲法改正」に突き進むカルト集団

安倍政権の頼りとする日本会議。彼らがめざす社会とはいったいどんな社会なのか、その論理・手法・政権との関係はいったいどうなっているのか、「憲法改正」を切り口に、彼らの計画を可視化する。論議の問題点を指摘するブックレット 

上杉 聰 (著)  

合同出版   1000円(本体)

     貧困世代 

社会の監獄に閉じ込められた若者たち


学生はブラックバイトでこき使われ、社会人は非正規雇用や奨学金返済に苦しむ−。社会から強いられた貧困に直面している、日本史上でも類を見ない、特異な世代の若者たち。追いつめられている若者の現実を伝える

藤田 孝典著

講談社現代新書  760円(本体)


2016年2月7日更新

 
1月好評発売

   財界支配

社会の二極分化を進行させながら、大きな力をふるっている財界とは、いったいどのような存在なのか。日本経団連に役員を出している大企業の変貌、日本経済にもたらしている変化、国民とのあいだに広がる矛盾などを解

 佐々木憲昭著   新日本出版社  2,500円(本体)
   現代史の中の安倍政権

戦争法反対運動が切り開いた地平に立ち、改憲を阻む国民的共同をどうつくるのか。安倍政権がその政治の中心にすえた戦争法に焦点をあてることにより、安倍政権の特徴と歴史的位置を浮き彫りにする。

 渡辺 治 著   かもがわ出版  1,800円(本体)
  歴史家山辺健太郎と現代

 国会図書館憲政資料室を自らの研究室とし、日本帝国主義の朝鮮侵略史研究を主張し続けた−。今なお鮮烈な刺激を与えてやまない歴史家・山辺健太郎の人となりと思想を紹介する。

 中塚 明 著    高文研    2,200円
   
くらしに役立つ制度のあらまし
    生活と健康・臨時増刊号

 1)目次関係(総目次、図表目次)
 2)各制度の解説
 3)運動を広げるための資料
2015年・2016年版を発売中!
〔このホームページで 大好評ベストテン入り書籍〕年1回発行 3100円
   みんなで行こうアホノミクスの向こう側
 平和の経済学を目指して

正義と平和が出会う時、そこに日本国憲法がある−。日本国憲法にみる人間のための経済学。安倍内閣の行状の背景を探りつづけてきた著者が、「アホノミクス」を痛烈に批判し、その向こう側に打ち立てるべき社会を展望する
 
 浜 矩子 著   かもがわ出版   1,200円
   小麦で起きる現代病
 パン好きな人”気をつけて! (食べもの通信ブックレット)

アレルギー、糖尿病、肥満症、がん、認知症、うつなどの原因?! 品種改良された輸入小麦の危険性を明らかにし、安全な国産小麦の普及やお米中心の和食の大切さを提唱する。
白澤 卓二 (監修), 家庭栄養研究会 (編)

食べ物通信社   600円(本体)

  




 2015年12月新刊

   この力が日本を動かす 戦争法阻止に動いた人びと

 
安保関連法案(戦争法案)に反対する国民のたたかいの記録。法案が国会に提出される前の2015年5月3日から、参院本会議で成立が強行された9月19日までの5カ月半を『しんぶん赤旗』記事や写真、データとともに紹介

  しんぶん赤旗編集局 (編)      新日本出版社     1,620円


11月までの書籍紹介       (表紙が入っていない本もあります ごめんなさい)

大事なことは憲法が教えてくれる 日本国憲法の底力  

大事なことは憲法が教えてくれる 

日本国憲法の底力

70周年を迎える日本国憲法。一方で改憲発議を目ざす政権党。そんな状況を47話に分け、素朴な疑問・身近な話題から憲法のこころとは何かを考えます。「日本の今」を深める一冊

森英樹 新日本出版社  1,728

SEALDs 民主主義ってこれだ!  

SEALDs 民主主義ってこれだ!

若者たちはどんな思いで運動に参加し、日本をどのように変えたいのか。最前線にいる若者たちの素顔に迫るドキュメント。

SEALDs 

大月書店  1,620
   

「積極的平和主義」は、紛争地になにをもたらすか?!
         NGOからの警鐘

国際ボランテァセンター代表理事・

谷山博史編著 合同出版    1,620

   

日本の戦争加害がつぐなわれないのはなぜ!?  中国人被害者たちの証言と国家・加害企業・裁判所・そして私たち

「中国人戦争被害者の要求を実現するネットワーク」事務局長・大谷猛夫 合同出版 1,728

   

社会を変える23章

そして自分も変わる

私たちが主権者として社会を変えるために大切にしたいリテラシー―、史的唯物論や資本主義社会の仕組み、社会変革と未来社会論などを説く。
  
川田忠明

新日本出版社  1,188

 

ニセ科学を見抜くセンス

「科学っぽい装いをしている」EM,マイナスイオン、食品添加物… 世間に氾濫する「効果」「危険」の真実とは、

左巻健男 

新日本出版社  1620

   

お役立ちトク本

 知っておきたい社会保障活用術

 税金・保険料・病院利用時の負担を軽くする制度、対象者や申請方法などの具体的な活用術から、制度を利用した方の喜びの声を多分に紹介。人間らしく生きるための権利である社会保障を活用しましょう。しんぶん赤旗日曜版編集部

新日本出版社   1,080
   

子どもたちへ、今こそ伝える 戦争

子どもの本の作家たち19人の真実

長新太、和歌山静子、那須正幹、長野ヒデ子、おぼまこと、立原えりか、田島征三、山下明生、いわむらかずお、三木卓、間所ひさこ、今江祥智、杉浦範茂、那須田稔、井上洋介、森山京、かこさとし、岡野薫子、田畑精一。長新太さん以外はすべてかき下ろし

  講談社  1,944

   

重版できました 学び舎 中学歴史教科書

ともに学ぶ 人間の歴史

こんなに歴史はおもしろい!、歴史教育研究者、執筆者が解説。好評で重版

発行:学び舎

発売:青木書店  2,160